Japan Linux Conference 2007開催:GPLv3からSchemeまで

大野晋一(編集部) 2007年08月10日 20時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10日、日本Linux協会(JLA)は、Japan Linux Conference 2007のプログラムを発表した。9月13日と14日の2日にわたって、産総研 臨海副都心センター 別館にて開催される。参加費は無料、事前登録の必要はなく、会場受付で名刺を2枚提出すれば参加バッヂを受け取ることができる。

 Japan Linux Conferenceは、前回までLinux Conferenceと呼ばれていたイベント。今回より名称が変更されることとなった。JLAが「Linuxに直接関係する分野だけではなく、広くオープンソース・ソフトウェア、 自由ソフトウェアに関わるトピック全般を募集の対象としています」とするとおり、g新部裕によるGPLv3関連のセッションから備前達矢(び)氏によるSchemeに関するセッションまで幅広いセッションが提供される。

 なお、既に通常セッションの発表者は締め切られているものの、ライトニング・トークの発表者は引き続き募集されている。「少々強引な議論やNerd jokeの類でも、 おもしろければ歓迎」(JLA)ということで、応募してみてはいかがだろうか? 応募要項はウェブサイトを参照のこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!