ターボリナックス、wizpyの教育機関向け製品カスタマイズサービスでアルファシステムズと協業

CNET Japan Staff 2007年08月22日 18時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ターボリナックスは、教育機関向けの新製品「wizpy KNOPPIX Edu6 Edition」(ウィズピー・クノーピクスエデュシックス・エディション)のカスタマイズと提供について、アルファシステムズと協業すると発表した。両社では、同製品向けに教育の現場ごとに必要とされる個々のパッケージ追加やユーザー教育などに対応する「KNOPPIXカスタマイズサービス」を開始する。

 wizpy KNOPPIX Edu6 Editionは、ソフトウェア一式を持ち運べる携帯OS機能と、動画や音楽再生といったマルチメディアプレイヤー機能を持つ50グラムの携帯デバイス「wizpy」に、教育機関で多く使われているLinux OS「KNOPPIX Edu」を組み合わせた製品。特にプログラミングの実習環境が充実しており、これらの教育用アプリケーションやコンテンツをwizpyで持ち運ぶことにより、学校や家、外出先など、どこでも同じ環境での学習が可能になる。また、学校においては教室のPC環境のメンテナンス性にも優れるという。wizpy単体はマルチメディアプレイヤーとして利用できるため、英会話を収録するなど情報系以外の学習でも活用できる。

 ターボリナックスとアルファシステムズの協業による「KNOPPIXカスタマイズサービス」では、各教育機関が教材とするソフトウェアの追加や、学校ごとのデザインの変更、初期導入の際のユーザー教育などを提供していくという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!