Apache Geronimo 2系、初の正式リリース

荒浪一城 2007年08月23日 14時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 The Apache Software Foundationは20日(米国時間)Java EE 5に準拠したApache Geronimo 2.0.1をリリースした。

 Apache Geronimo 2.0系列の正式なバージョンの公開は、当初2007年6月末から7月に予定されていたが、8月下旬のリリースと予定より2ヶ月近く遅れた形だ。

 Geronimoは、Servlet/JSPのコンテナとして、Apache Tomcat 6とJetty 6の2つのディストリビューションが用意されている。日頃慣れ親しんでいるコンテナを利用すると良いだろう。なお、Webサービスの「JAX-WS 2.0(JSR-224)」の実装に、2つのディストリビューションでは違いがある。Apache Tomcat 6では、Apache Axis2が利用されている。一方で、Jetty 6ではApache CXFが利用されている。

 また、Java EE 5の環境では、アノテーションが利用されるためJDK5.0以降が必須となることに注意されたい。

 リリースノートによると、8月13日にリリースしたApache Geronimo 2.0には、起動しているサーバーにリモートからユーザー名の認証なしにログインできるというセキュリティー上の問題があった。このため、2.0系列の正式リリースは「2.0.1」が初となる。

 2007年6月4日にリリースされた、「Apache Geronimo 2.0-M6-rc1」にてJava EE 5.0 TCKをパスしていた。オープンソースのJava EE 5互換性試験をパスしたアプリケーションサーバーは、参照実装であるGlassFishとApache Geronimoの2つである。

 オープンソースのJava EE 5対応では、実績のあるJBoss ASの5.x系列の正式リリースを待つのみとなった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?