MyEclipse Enterprise Workbench 6.0--Java 5/6やAjaxへ対応

原井彰弘 2007年08月23日 17時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
21日(米国時間)、Genuitecは統合開発環境「MyEclipse」の新しいバージョン「MyEclipse Enterprise Workbench 6.0」をリリースした。

MyEclipseはEclipseをベースとした統合開発環境。このソフトウェアを用いることで、Javaを中心としたエンタープライズアプリケーションを効率的に開発することが可能になる。

 新しいバージョンではさまざまな機能が追加されている。まず、最新のEclipse 3.3/Europa 1.0互換となり、Java 5とJava 6がサポートされた。また、JPA(Java Persistence Architecture)やSpring Framework 2.0、Hibernateへのサポートも強化された。さらに、Ajaxについても、CSSやJavaScript、DOMのビューが新しくなったほか、JavaScriptのデバッグ機能も充実した。

 MyEclipseはライセンス方式として年会費制を採用している。会費は31.75ドル/年からで、会員の間は常に最新バージョンのソフトウェアを利用することが可能。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR