JRuby 1.1のロードマップが公表

原井彰弘 2007年08月24日 17時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日、Charles Nutter氏が、Java VM上で動作するRuby「JRuby」の次期バージョン1.1で組み込まれる予定の機能を、開発用掲示板上で公表した。

 それによると、JRuby 1.1ではJavaのバイトコードへのコンパイラが完成する。その結果、Rubyの標準ライブラリは全てあらかじめコンパイルした状態で提供できるようになるほか、パッケージ管理ツールRubyGemsでgemコマンドを用いてパッケージをインストールする際に、事前にコンパイルが可能となる。また、RubyGemsのために、Java VM上に仮想ファイルシステムを作成することも検討しているそうである。

 他には、パフォーマンスの改善、メモリ使用量の削減、YARV(Yet Another Ruby VM)バイトコードへの対応、JavaのAPIのRuby化、AST(Abstract Syntax Tree)の共有なども予定されている。JRuby 1.1のリリースは2カ月程度先ということだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!