GMOグループ会社、メールアーカイブ・ホスティングサービスを提供

目黒譲二 2007年08月27日 20時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GMOホスティング&セキュリティの連結子会社であるHOSTING & SECURITYは8月27日、メールで送受信されるデータを自動的にバックアップするメールアーカイブ・ホスティングサービス「AlwaysBCC」の提供を開始した。

 AlwaysBCCは、サーバが送受信するすべてのメールを1つの管理アカウントへ自動的に送信することで、メールデータの保存・閲覧を可能とするホスティングサービス。

 専用の管理画面から、メールヘッダやメール本文内の語句からメールデータを検索することができるほか、Excel、Word、PDF、テキストファイルといった添付ファイル内の語句からの検索も可能となっている。オリジナルのメールデータは、改竄されないようPGP署名をしたうえで保存され、セキュリティを確保している。

 ホスティングサービスとして提供するため、顧客側でサーバを用意する必要がなく、導入コストを抑えることができる。また、サーバ側にあらかじめアーカイブ機能を組み込んでいるため、専用のメールアーカイブソフトウェアを導入したり、既存メールシステムを変更することなく利用できるという。

 価格は、初期設定費用が4万2000円、月額利用費用が3万5800円からとなっている。

 サービス提供開始を記念して、8月27日から9月30日までの期間内に申し込んだ先着100社に対し、既存サーバからのメールとウェブサイトの移行代行基本費用を無料にし、無料ウェブサイト領域を通常の5倍の10Gバイトに増量する「オープニング・キャンペーン」を実施する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!