CIOの平均在職期間はわずか3年--英調査

文:Steve Ranger(silicon.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月29日 12時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 最高情報責任者(CIO)は、結果を出すまでにかなり長い期間を要する複雑な技術プロジェクトを担当しているにもかかわらず、その職を務めるのはわずか3年間程度だという。

 EDSが実施した調査によると、英国の技術責任者らの平均在職期間は38カ月であるという。一方で、米国のCIOの在職期間はわずか2年程度だとEDSは述べる。

 これだけ短期間で最高技術幹部が交代するのであれば、ITプロジェクトはIT責任者が就任してから100日以内に実施する必要があると同社は述べている。

 FTSE(ロンドン株価指数)350の企業のCIOを対象とした同調査からは、大多数(50人中41人)が技術的なバックグラウンドを持ち、ほとんど(50人中38人)が企業外から起用されているということもわかった。

 CIOらの前職での役職としては、シニアIT職、管理職、管理コンサルタント、エンジニアリングや財務関連の役職などが一般的だった。

 EDSは、CIOらが、予算の80%が既存システムの存続のために消えていくという「バリュートラップ」にもとらわれていると警告している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!