CA、オラクルなど、内部統制対応の特権ユーザー管理システムを共同提供

田中好伸(編集部) 2007年08月29日 17時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アシストと日本CA、日本オラクルの3社は8月29日、サーバアクセス管理ツール「CA Access Control」とデータベース(DB)の管理者ユーザーを制限できるオプション製品「Oracle Database Vault」を組み合わせた「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」を共同で提供し、プロモーション活動を行うことで合意したことを発表した。

 日本CAと日本オラクルがそれぞれソフトウェアを提供し、アシストがそれらを「特権ユーザ管理/職務分掌ソリューション」として販売するとともに、導入にあたっての技術サポートを提供する。

 3社は、IT全般統制の根幹となる、監査ポイントとしても最重要事項の一つに位置づけられるアクセス管理に着目し、特権ユーザ管理/職務分掌に特化したソリューションをユーザー企業が迅速に手軽に導入できるよう支援する必要があるとしている。

 アクセス管理では、DBあるいはサーバOSのどちらか片方のみで管理するケースが多いが、そうした場合、DBは論理的な「データ」のみ、サーバOSは物理的な「ファイル」しか保護できない。サーバへのアクセス管理ツールとDBアクセス管理ツールを組み合わせ、サーバOSとDBそれぞれのレベルで適切にアクセス状況を管理することが必要となっている。

 こうしたことから、サーバアクセス管理ツールを提供する日本CAと、DBアクセス管理ツールを提供する日本オラクル、そして両製品の販売代理店であるアシストの3社が共同でソリューションを提供していくことにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!