MS、次期SMS「System Center Configuration Manager 2007」を11月に出荷へ

文:Antony Savvas(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月30日 12時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、新しい同社システム管理ソフトウェアである「System Center Configuration Manager 2007」の出荷を11月に開始する予定だ。

 「Systems Management Server」の機能拡張版である同製品は、ダイナミックなITインフラストラクチャにおいてアップグレードとアプリケーション変更を企業が効果的に管理できるよう開発されている、とMicrosoftでは述べている。

 同製品のトライアル版は現在、ダウンロード可能となっている。

 ソフトウェア最大手であるMicrosoftでは、同製品を使うことでサーバ、クライアント、ハンドヘルド端末の管理が、物理、仮想、分散、モバイルなどのシステムを超えて単一のコンソールから、そして、よりセキュアな状態で可能になると述べている。

 また、System Center Configuration Manager 2007は、完全なアプリケーションの配備やアップデートシステムライフサイクルが、効率的かつポリシーに基づいた自動化により管理できる。

 同製品は、Windows Vistaや今後が予定されているWindows Server 2008などの一般的なエンタープライズプラットホームに最適化されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!