MS、「Windows Server 2008」のRTM提供を延期へ

文:Ina Fried(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月30日 12時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows Server 2008」のリリース時期がその製品名にふさわしいタイミングになりそうだ。Microsoftは米国時間8月29日、同製品の開発が予定された2007年中に完了しないことを認めた。

 Microsoftは自社のブログ「Windows Server Division WebLog」で、「製造工程向けにリリース(RTM)を2007年中としていたWindows Server 2008は、RTMが2008年の第1四半期に予定変更された」と述べる。

 その理由を同社は、「われわれが得たフィードバックと最新ビルドの全体的品質にはかなり満足しているが、もう少し時間を費やすことにより、顧客やパートナーが期待する、彼らにふさわしい高い品質レベルを実現したかった」と述べている。

 そしてMicrosoftは、同社のプログラムマネージャーであるAlex Hinrichs氏のたとえ話を引き合いに出した。同氏は同僚に対し、「ブリスケット料理のようなものだ。あとほんの少し火を通すとおいしくなる」と語ったという。

 そうこうするうちにMicrosoftが菜食主義者(つまりLinuxユーザー)を増やすことがないよう願うばかりだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから