ソニー、半屋外で使用できる堅牢外装の52V型フルHD液晶ディスプレイ「GXD-L52H1」

エースラッシュ 2007年08月30日 19時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月30日、半屋外でも利用できる業務用の52V型フルHD液晶ディスプレイ「GXD-L52H1」と、ディスプレイを電子広告や情報掲示板として利用可能にするデジタルサイネージプレイヤー「VSP-NS7」を、2008年1月15日に発売すると発表した。

 GXD-L52H1は、金属フレームベゼルを採用した堅牢な外装設計と塵や埃の多い環 境での設置を考慮した構造によって、半屋外でも安定運用ができるディスプレイだ。 気温0度以下、または35度以上での動作と雨水がかかる屋外での設置はできない。縦 横両用モデルとなっており、10bitドライブ、上下左右方向178度の広視野角を実現し ている。

 同時発売されるVSP-NS7は、ディスプレイを電子広告等として活用するためのデ ジタルサイネージプレイヤー。組み合わせて利用することで、半屋外での電子広告 に活用することも可能になる。

 また、GXD-L52H1の専用オプションとして、スピー カーシステム「SS-SPG01」、モニターコントロールアダプター「BKM-FW21」、コン ポーネント/RGBアダプター「BKM-FW11」、デジタルサイネージアダプター「BKM- FW50」も発売される。

 価格はオープン価格だが、市場推定価格はGXD-L52H1が約65万 円、VSP-NS7が約30万円となっている。

070830_sony.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR