アビームとSAPジャパン、エンタープライズSOAの共同推進体制を強化

田中好伸(編集部) 2007年08月30日 19時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アビームコンサルティングとSAPジャパンは8月30日、海外進出する企業向けに、「エンタープライズ・サービス指向アーキテクチャ(エンタープライズSOA)」のコンセプトに立脚したコンサルティングサービスの提供と情報システム構築の支援を促進するため、新しい共同推進体制の施策を発表した。

 アビームは、ERPのコンサルティングサービスなどを推進するための検証施設「SAP Competence Center」を4月に設立している。今回の協業では、同センター内に、両社のメンバーから構成される「エンタープライズSOA推進室」という組織を9月1日から編成し、エンタープライズSOAを活用したアプリケーション構築の推進を図っていく。

 エンタープライズSOA推進室は、アビームからの15人、SAPジャパンからの7人で構成され、エンタープライズSOAを実現するために必要なノウハウの共有や技術サポート、人材の育成、方法論の構築などを展開する。推進室の主な活動は以下の通り。

  • 「SAP NetWeaver」中心のエンタープライズSOA統合検証環境の構築
    エンタープライズSOAを体験するためにサーバやソフトウェアツール、機能をまとめたパッケージ「SAP Discovery System」をアビーム社内のSAP Competence Centerへ導入、SAP NetWeaverのコンポーネントをはじめ、「Duet for Microsoft Office and SAP」や「SAP Interactive Forms by Adobe」などの連携ソフトウェア、「SAP CRM」などのアプリケーションを常時15システム稼動する統合検証環境を整備する
  • アビーム提唱のSOA方法論を用いた導入プロジェクト支援
    アビームが培ってきたエンタープライズSOAとSAP NetWeaverに特化したSAP導入のノウハウを集約した方法論とSAPジャパンと共同開発したテンプレートを確立し、技術検証やデモシナリオの構築を行うことで、エンタープライズSOAを活用した業種に最適な導入プロジェクトを支援する
    アビームが提唱する方法論は以下の通り
    • Industry Framework for enterprise SOA:
      業種別プロセス標準モデルを、主に業務プロセスにフォーカスした形で提示、エンタープライズSOAを最大活用できるプロセスモデリングの構築を支援
    • ABeam Method for enterprise SOA:
      アビームが提案するSOAプロジェクトに標準適用させ、エンタープライズSOAを活用したシステム化の構想から要件定義、設計、開発、テストなど、すべての業務プロセスを網羅した最適なアプリケーションの実装テンプレートをSAPジャパンと共同開発し、提供
    • Tiger1 for SAP NetWeaver:
      最適なエンタープライズSOAのアーキテクチャの設計構築、運用管理を実現
  • ビジネスプロセス・エキスパートとテクニカルコンサルタントの育成
    2008年3月までに、アビームの約800人のSAP認定コンサルタントに、エンタープライズSOAに関する教育を行い、導入プロジェクトのサポート体制のために人材育成を強化する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR