米ヤフー、メッセンジャーの脆弱性を再度修正

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月31日 10時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooは米国時間8月30日、同社インスタントメッセンジャー(IM)の非常に深刻な脆弱性に対処するパッチを公開した。同社は、わずか1週間前に同製品用のセキュリティアップデートを公開したばかりだった。

 今回のケースでは、Yahoo Messengerのインストーラと通常一緒にダウンロードされるYahooサービススイートの一部である「ActiveX」コントロールに脆弱性が見つかっている。この脆弱性はユーザーが悪質なウェブサイトを訪問すると悪用され、バッファオーバーフロー攻撃の引き金となり、任意の実行コードが起動される可能性がある。

 Yahooはユーザーに対し、バージョン8.1.0.419へのアップデートを呼びかけている。対象は、29日以前のバージョンを利用しているユーザー全員となっている。

 現時点においてYahooは、この脆弱性を悪用したケースを確認していない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!