Cisco製品に複数の脆弱性

原井彰弘 2007年08月31日 18時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 30日(現地時間)、デンマークのSecuniaは、シスコシステムズのCisco Unified CallManagerバージョン3.x、4.xと、Cisco Unified Communications Managerバージョン4.xに、複数の脆弱性が存在することを発表した。

 今回発表された脆弱性は2つ。危険度は5段階の中間に位置する「Moderately critical」。悪意を持ったユーザからクロスサイトスクリプティングやSQLインジェクションの攻撃を受ける可能性がある。詳細は次の通り。

  • ログオンページに渡されたパラメータが正しくサニタイズされないため、ユーザのセッション中で任意のHTMLやスクリプトを実行できる。
  • ログオンページに渡されたパラメータが正しくサニタイズされないため、SQLのクエリ中に任意のSQLをインジェクトできる可能性がある。

 これらの脆弱性は、3.3(5)sr2b、4.1(3)sr5、4.2(3)sr2、4.3(1)sr1以前のバージョンに存在する。利用者は、至急これらのバージョンにアップデートされたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!