NECとNTTデータビジネスブレインズ、電子帳票関連システムで連携

田中好伸(編集部) 2007年09月04日 23時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとNTTデータビジネスブレインズは9月4日、NECの帳票印刷管理ソフト「WebSAM Rakuform」とNTTデータビジネスブレインズの電子帳票システム「Pandora-AX」を連携させたことを発表した。

 WebSAM Rakuformは、NECの統合システム運用管理ソフト「WebSAM」シリーズの一製品であり、帳票設計から電子帳票化までを総合的に支援する製品。ワープロソフトのような操作感で、固定書式帳票から集計表などの可変帳票まで自由に設計できる機能を搭載している。

 一方のPandora-AXは、利用者権限を管理することで印刷やファイル出力、表計算ソフトへの出力などを制限できるというもの。また、帳票データに対する全面検索や串刺し検索、名寄せ検索などの各種の検索機能も搭載している。

 今回の連携では、WebSAM Rakuformの帳票設計で作成した帳票フォームに、業務アプリケーションの印刷データを埋め込むフォームオーバーレイで行ったデータを、Pandora-AXで電子帳票化するというものだ。

 Pandora-AXでデータ活用が可能となることに加え、帳票のセキュリティを効率的に管理することもできるようになる。また、Pandora-AXでの検索や二次加工機能を活用することで、業務の用途に合った帳票の運用ができるようにもなっている。

 両社では、今回の連携で、電子帳票化が困難と見られているオフコンやメインフレーム市場でも、電子帳票関連システムの導入を促進できるとしている。両社はこの連携ソリューションを今後3年間で100システム導入できると見込んでいる。

 今回の連携を機会に、NTTデータビジネスブレインズは、NECのソフトウェアパートナー制度である「WebSAM WORKS」に参加する。今回の連携に関したセミナー「低予算ではじめる帳票の電子化〜設計から保管までセキュアで負荷の少ない帳票運用を考える〜」が9月21日に開催される予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから