Groovyのウェブアプリケーションフレームワーク「Grails 0.6」がリリース

原井彰弘 2007年09月05日 16時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月31日、Grails開発チームはウェブアプリケーション開発フレームワーク「Grails 0.6」をリリースした。

 Grailsは、Javaで実装されたスクリプト言語「Groovy」上で動作するウェブアプリケーションフレームワーク。Spring、Hibernate、SiteMeshなどの既存のJavaの技術を利用して、命名規約ベースでスピーディにウェブアプリケーションを開発することが可能。

 Grails 0.6では、GroovyとJavaのコードをまとめてコンパイルするようになりJavaのコードからGroovyで定義したクラスを参照できるようになった。また、Spring Web Flowへの統合が行えるようになったほか、自動XML/JSONマーシャリング機能やREST風URLのマッピング機能が加わり、RESTへのサポートが強化された。さらに、起動時間やユニットテスト、コード生成ツールの動作速度も改善された。

 Grailsの0.x系のリリースはこれが最後で、次のバージョンは1.0となる予定である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから