SaaS型CRM市場は対前年比170%、全体の成長率を上回る--矢野経済研究所調べ

吉澤亨史 2007年09月06日 20時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 矢野経済研究所は9月6日、CRM/SFAソリューションに関する市場調査を実施、2005〜2007年の市場動向をまとめ、発表した。

 調査結果によると、SaaS(Software as a Service)型CRMソリューションは、2007年には対前年173.7%となる56億1200万円になると見込まれる。これは、市場全体の対前年比128.5%を大きく超える成長となっている。

 SaaS型モデルの登場で、多くの企業が低価格なCRMを体験し始めていると同社は分析している。またオープンソースソフトウェア(OSS)型CRMも徐々に販路を広げ、ユーザーを獲得しつつある。同研究所では、今後も注目する必要があるとしている。

 調査は、2007年5月から8月にかけてCRMソリューションベンダー11社を対象に、電話やメールによる直接面接取材によって実施したもの。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから