JBoss ESB 4.2GAがリリース

荒浪一城 2007年09月07日 17時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月5日(米国時間)JBossは、「JBoss ESB 4.2GA」をリリースした。JBoss ESB 4.2GAは、同社の次期のエンタープライズ・ミドルウェア・アプリケーション。Drools、jBPM、Hibernate、Smooks、jUDDI、Spring、Groovy、およびJMX Microkernelの能力を相乗効果として混合して利用することが可能。

 JBoss ESB 4.2GAは、既存のIT資産を取り入れる新しいビジネスプロセスを可能にさせ、次世代サービスコンポーネント開発を可能にする。バージョン4.2GAの新機能は、負荷バランス、フェイルオーバー、およびコンテントベースのフィルタリングなど多くの新機能がある。

 さらにJBoss ESB 4.2GAは、Webサービス、WS-BPEL、Groovy、オーケストレーションを使用するjBPM、コンテンツベースのルーティングを使用するDroolsかまたは、XPath、データトランスフォーメーションを使用するSmooksかまたはXSLT、JAX-RではjUDDIかまたはScoutをレジストリとして使用するか、そしてGraphical Configuration Editorをサポートする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!