IBM AIXにDOS攻撃など複数の脆弱性

原井彰弘 2007年09月07日 20時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月6日(現地時間)、デンマークのSecuniaはIBM AIXについて複数の脆弱性が存在することを明らかにした。

 今回発表された脆弱性は3つ。対象となるのは、AIX 5.x系列のOS。危険度は5段階の下から2番目「Less critical」。悪意を持ったローカルのユーザによって、システムファイルの削除、DoS(Denial of Service)攻撃や不正な権限の取得が行われる可能性がある。詳細は次の通り。

  • fcstatやibstatなどの複数のコマンドに、バッファオーバーフローを引き起こすバグが存在し、root権限で任意のコードを実行できる可能性がある。
  • perfstatシステムコールにおいてユーザの権限がチェックされない場合があり、システムのハングアップを引き起こす可能性がある。
  • invscoutコマンドに入力値の検証に関するバグがあり、システムファイルの削除を引き起こす可能性がある。

 IBMのサイトにて現在一部のパッチが公開されており、残りのパッチも順次公開される予定なので、利用者は注意されたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?