CSK Winなど3社、センドメール向け高可用性クラスタリングシステムを販売

田中好伸(編集部) 2007年09月10日 23時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 CSK Win テクノロジ、サイオステクノロジー、センドメールは9月10日、センドメールの「Sendmail Advanced Message Server(SAMS)」で構築されたメールシステム向けの高可用性クラスタ化ソリューションとして「Sendmail Cluster Kit for Windows」を発表、同日から販売を開始したことを発表した。

 今回CSK Win テクノロジは、センドメール、サイオスと協力して、サイオスのクラスタリングソフトウェア「LifeKeeper Protection Suite for Windows v6(LifeKeeper)」専用のSAMS連携ソフトウェア「SAMS ARK」を開発した。SAMS ARKを利用することで、スクリプトなどの開発をせず、低コストで容易にSAMSメールシステムのHA(High Availability)クラスタ化を実現できるとしている。このSAMS ARKを組み込んだ高可用性クラスタ化ソリューションがSendmail Cluster Kit for Windowsになる。

 Sendmail Cluster Kit for Windowsは、SAN(Storage Area Network)などの共有ディスクを使わずに、2台のサーバに搭載した内蔵ディスクをネットワークミラー化する構成を採用することで、ハードウェアコストを削減できる。 SANやSCSIなどのさまざまな共有ディスクによる構成も可能となっている。

 すでにSAMSメールシステムを利用している企業は、Sendmail Cluster Kit for Windowsのほかに、増設用サーバとSAMS HAライセンスを用意するだけで、スピーディーにHAクラスタ化が実現できる。

 近年、ビジネスでのメールシステムの重要性が高まっており、メールシステムでもサーバの高信頼性・高可用性が不可欠となっている。これまで、WindowsベースのSAMSメールシステムをHAクラスタ化するには、導入費用が高額になるという課題があった。今回のSendmail Cluster Kit for Windowsは、こうした背景を受けたものだ。

 Sendmail Cluster Kit for Windowsは252万円で、追加1ノードで126万円となっている。年間1億円の販売目標を立てている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから