VMWorld

VMworld 2007開催--32MバイトのハイパーバイザーをUSBメモリで参加者に配布

藤本京子(編集部) 2007年09月12日 12時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 VMwareは9月11日、仮想化をテーマにしたイベント「VMWorld 2007」を米国サンフランシスコにて開幕した。VMwareは、このイベントの直前にサービスコンソールを省いたハイパーバイザー型仮想化ソフト「VMware ESX Server 3i」を発表したばかり(関連記事 )。基調講演でも同社 社長兼CEOのDiane Greene氏はこの製品を中心に紹介した。

Greene氏 VMware社長兼CEOのDiane Greene氏

 ESX Server 3iは、従来のESX Serverから管理コンソールを省いたものだ。コンソールをなくすことで、ESXのサイズを98%削減でき、32Mバイトというコンパクトなハイパーバイザーを実現した。イベント会場では、USBメモリに入った3iが参加者に配られた。

 Greene氏は、「32Mバイトしかないため、フラッシュメモリの中に入れて持ち運び、そのままサーバに入れてすぐに仮想化環境が提供できる。サービスコンソールがないため、セキュリティも高く管理も容易だ」とアピールした。

 3iは、サーバベンダーが各社のサーバに組み込んだ状態で出荷することになる。2007年内にも3iを搭載したサーバがリリースされる予定で、Dellをはじめ、IBM、Hewlett-Packard、Fujitsu-Siemens、NECなどが3i搭載サーバを提供するという。サーバに組み込まれた形のみならず、VMwareでは3iのダウンロード販売も予定している。

 基調講演の会場では、3i搭載サーバを最初に出荷する予定のDellがデモを行った。「3iの設定は非常に簡単で、社長やCEOでも仮想化環境が作れる」と話し、Greene氏に仮想化の設定を促した。実際報道関係者の中には、配布されたUSBメモリ型3iを使って、デスクトップ上でESXの仮想化環境を数分で実現する者もいた。

 Greene氏は、「今後ハードウェアは仮想化環境が整った状態で出荷されるケースがますます増えていくだろう。仮想化でインフラをダイナミックに変化させ、自動的にディザスタ管理ができるようになる。そして、データセンター自動化につながっていくのだ」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!