資産管理、セキュリティ、コンプライアンス--三種の神器を手に入れたLANDesk Software

山下竜大(編集部) 2007年09月12日 19時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LANDesk Softwareは、好調なビジネスを維持している。2005年4月、同社の代表取締役に就任した今井幹夫氏は、「入社から2年半、数字的に見ても好調が続いている。ワールドワイドでも25〜30%の成長が発表されているが、日本市場も同等の成長を続けている」と話す。

 Intelからスピンアウトした2002年当時は、70%がOEMやディストリビューションによるビジネスであり、残りの30%がパートナー関連のビジネスだった同社。しかし2006年には、その割合が全く逆になり、70%がパートナー関連ビジネスで、残りの30%がOEM関連ビジネスとなっている。

 「さらに言えば、OEM関連ビジネスにおける2006年の30%という売上は、2002年の70%の売上とほぼ同等の数字。つまり、パートナー販売が急激に拡大したことを示している」と今井氏。この成長の原動力となっているのが、セキュリティ分野およびコンプライアンス分野へのビジネスの拡大、そしてAvocentによるLANDeskの買収にある。

 「これまでLANDeskは、資産管理ソリューションを提供する会社というイメージが強かった。しかし現在では、セキュリティ管理の会社というイメージがかなり強くなっている。さらに2007年からは、次のフェーズであるコンプライアンスの分野へとビジネスの範囲を拡大している」(今井氏)

 同社は7月11日に、シーア・インサイト・セキュリティ(SIS)との提携を発表した。この提携の第1弾として両社は、SISのコンプライアンス製品をLANDesk製品として完全に統合したコンプライアンス対策ソリューション「LANDesk Compliance Manager powered by SIS(LDCM)」の提供を開始している。

LANDeskの今井社長 LANDesk Softwareの代表取締役に就任した今井幹夫氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR