三菱総研DCS、ウェブアプリとデータベース対応のセキュリティ製品を発売

吉澤亨史 2007年09月13日 17時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱総研DCSは9月13日、米Impervaのデータセキュリティアプライアンス製品「SecureSphere」を販売すると発表した。

 SecureSphereは、ウェブアプリケーションとデータベースへの攻撃や不正なアクセスを監視、防御し、さらに監査する統合的なデータセキュリティアプライアンアス製品。ネットワークやアプリケーション、データベースサーバーに変更を加えることなく設置できる。

 また、アプリケーションの変更に自動的に適応してポリシーの再設定作業を省くため運用が容易で、HTTP検査技術とSQL分析技術によりアプリケーションユーザーの特定を可能とする。三菱総研DCSでは、初年度15サイトへの導入を販売目標としている。

 同製品には、ウェブアプリケーションサーバーへの攻撃を防御するファイアウォール「WAF」、データベースサーバーへの不正なSQLを監視・防御するデータベースセキュリティゲートウェイ「DSG」、アプリケーションサーバーへのHTTPリクエストとデータベースへサーバーへのSQLを検査、照合し、ユーザを特定する監査製品データベースモニタリングゲートウェイ「DMG」のラインアップがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!