BEA、WebLogic Server Virtual Editionのパフォーマンスや価格モデルなど公表

荒浪一城 2007年09月13日 20時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月11日(米国時間)、BEAはWebLogic Server Virtual Editionのパフォーマンスと製品ロードマップ、およびインスタンスベースの価格設定モデルを公表した。

 BEAによれば、WebLogic Server Virtual Editionは仮想化の完全なオペレーティングシステム上で動かすアプリケーションより最大40%のスループット性能向上を実現するという。また、Enterprise 360°プラットホームの製品として、WebLogic PortalとAquaLogic Service Bus上での仮想アプリケーションも利用可能とするロードマップを公表している。

 WebLogic Server Virtual Editionの価格モデルについては、従来のCPUベースの価格設定ではなく、インスタンスベースとなる。例えば1インスタンスを実行する際、1CPUのハードウェアでもマルチコアCPUのハードウェアでも、顧客が払う単価は同じとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!