ゴール指向SEM時代のサーチ戦略

渡邉統一郎(オムニチュア) 2007年09月14日 10時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サーチエンジンマーケティング(SEM)の世界では、今、大きなパラダイムシフトが起こっている。順位指向からゴール指向へのマインドの変換が求められているのだ。企業のSEM担当者は、その変化にどのように対応するべきなのかについてオムニチュアの渡邉統一郎氏が解説する。
※関連ビデオはこちら

再生時間:5分22秒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?