Java EE 5 SDK Update 3:アプリケーションサーバーがGlassFish V2ベースに

荒浪一城 2007年09月18日 11時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月17日(米国時間)Sun Microsystemsは、Java EE 5 SDK Update 3をリリースした。8日にリリースされたGlassFish V2に併せたもの。

 GlassFish V2は、Java EE 5のリファレンスインプリメンテーション(RI)であり、Sun Java System Application Server Platform Edition 9.1のベースともなっているアプリケーションサーバー。HTTPのエンジンにはGrizzlyが、JPAの実装には、TopLink Essentialsが採用されている。

 Java EE 5 SDKにはSun Java System Application Server Platform Edition 9.1が含まれる。GlassFish V2ベースになり、パフォーマンス向上とクラスタリングサポートなどが実現されている。また、BluePrint、APIドキュメントなどもアップデートされた。

 同SDKの動作には、JDK5またはJDK6が必要。Java EE 5 SDK Update 3のダウンロードはこちらから可能だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!