OpenOffice.orgに脆弱性:バージョン2.3へのアップデートを

荒浪一城 2007年09月19日 13時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月18日、OpenOffice.orgは、同名のオフィススイートのバージョン1系列と2系列にシステムアクセスの脆弱性が発見されたと公表した。

 OpenOfiice.orgは、多言語対応のオープンソースのオフィススイート。OpenOffice.orgの元、LGPLで公開されている。この脆弱性はiDefenseによって発見され、17日(米国時間)にアドバイザリが公開されていた。

 今回の脆弱性は、TIFFイメージの処理に問題があるというもの。Secuniaでは影響度を、5段階中2番目に高い「Highly critical」に位置づけている。ユーザーは、早急にアップデートされたい。

 影響を受けるバージョン:

  • OpenOffice.org 2.x
  • OpenOffice.org 1.x

 解決策:

 セキュリティーアドバイザリーは下記のとおり。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!