ウェブサービススタック「Metro 1.0」リリース:初の安定版

原井彰弘 2007年09月19日 16時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月18日、Metroプロジェクトはウェブサービススタック「Metro 1.0」をリリースした。

 GlassFishプロジェクトから派生したMetroプロジェクトは、高性能で拡張性に優れ、利用しやすいウェブサービススタックを提供することを目的としたプロジェクト。サンプルプログラムのような非常にシンプルなものから、信頼性や安全性が求められるトランザクショナルなウェブサービスまでをサポートすることを目標としている。

 今回リリースされたMetro 1.0の特徴としては、「Project Tango」として開発されていた.NET 3.0との相互運用機能や、Spring Frameworkのサポート、多くのウェブサービス関連仕様のサポート、また、通信時のデータフォーマットの変換を最小限に抑えて処理速度を向上させる設計などが挙げられる。さらに、JDeveloper以外の主要なIDEでプラグインが用意されており、それらを利用した開発が行えるのも特徴の一つである。

 なお、Metro 1.0はプロジェクト発足以来、初めてとなる安定版である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!