Apache ServiceMixがインキュベータ卒業:Apacheのトップレベルプロジェクトへ

原井彰弘 2007年09月20日 13時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月19日、「Apache ServiceMix」の開発者の一人であるGuillaume Nodet氏は自身のブログ上で、The Apache Software Foundation(ASF)がApache ServiceMixのインキュベータからの卒業を承認したこと明らかにした。今後、Apache ServiceMixはトップレベルプロジェクトに昇格することになる。

 Apache ServiceMixは、SOA(Service Oriented Architecture)とEDA(Event Driven Architecture)の機能をあわせ持つオープンソースのESB(Enterprise Service Bus)。ベンダ独立でコンポーネントやサービスを統合する方式を定めたJBI(Java Business Integration)の仕様「JSR 208」を元にして作られており、Apache License, 2.0でリリースされている。

 なお、今回の承認を受けて、初の公式リリースとなるServiceMix 3.1.2と3.2のリリースが近々行われるということである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!