Ubuntu系ディストロ「Linux Mint」のベータ版「Celena BETA 021」が公開

原井彰弘 2007年09月20日 13時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月18日、Linux MintプロジェクトはLinuxディストリビューション「Linux Mint」の新しいベータ版「Celena BETA 021」を公開した。

 Linux Mintは、デスクトップ向けのUbuntu系Linuxディストリビューション。Ubuntuで不足していたマルチメディア関連のサポートを強化しているのが特徴である。また、Ubuntuの茶色をベースとしたデスクトップの配色とは対照的に、Linux Mintでは水色を基調とした配色になっている。

 今回リリースされたのは、Linux Mint 3.1(コードネーム「Celena」)としてリリースされる予定のもののベータ版で、Linux Mint 3.0をベースとしておりUbuntu 7.04との互換性がある。Celenaでは、初期設定ウィザード「MintAssistant」や、ネット上へのファイルのアップロードを簡単に行える「MintUpload」、PDFの作成機能などが追加されており、安定性やパフォーマンスも以前に比べて向上するという。

 なお、Celena BETA 021では、前回リリースのBETA 017と比較して、aptコマンドが追加されたほか多数のバグ修正が行われている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR