マイクロソフト、「Microsoft Office 2003 Service Pack 3」日本語版を提供開始

目黒譲二 2007年09月20日 16時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月19日、「Microsoft Office 2003 Service Pack 3」日本語版の提供を開始した。同社サイトから無償でダウンロードできる。

 Office 2003 SP3は、Microsoft Office 2003 EditionsをはじめとするMicrosoft Office Systemの各アプリケーション製品を、最新の環境へアップデートするための修正プログラム。

 ユーザーのエクスペリエンスとセキュリティの向上を目的としており、個別のアップデートとして既に提供されているセキュリティアップデート、エラーレポート機能など、ユーザーのフィードバックによって修正されたアップデートを数多く含んでいる。

 なお、Office 2003 SP3は、アップデートプログラムのみの提供となり、パッケージ製品の変更の予定はない。

 また、Microsoft UpdateおよびOffice Updateによる自動更新(Auto Update)に関しては、2008年4月から開始するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!