コンパクトなLinux「Damn Small Linux 4.0 RC4」リリース

原井彰弘 2007年09月20日 17時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月17日、Damn Small Linuxプロジェクトは、コンパクトなLinuxディストリビューション「Damn Small Linux」(DSL)のリリース候補版「Damn Small Linux 4.0 RC4」をリリースした。

 DSLは、デスクトップ用OSとして利用可能なコンパクトなLinuxディストリビューション。サイズが50MB程度であり、Intel 486DX相当のCPUと16MBのメモリでも動作可能であるほか、USBメモリからのブートもできる。その一方で、FireFox、表計算、ワープロ、FTPクライアント、音楽プレイヤーなど、デスクトップ用OSに必要とされる機能がひととおり備えられている。

 DSL 4.0ではユーザインタフェースがより利用しやすくなり、ドラッグ&ドロップやメニューを非表示にすることが可能になる。また、ファイルの関連付けをより柔軟に行えるようになるという。そのほかにもさまざまな変更が加えられている。

 DSL 4.0 RC4では、主にソフトウェアのアップデートが行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR