OKINET、中小企業向けの安価な統合型セキュリティサービスを発売

吉澤亨史 2007年09月20日 19時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OKINET(沖電気ネットワークインテグレーション)は9月20日、ジュニパーネットワークスの次世代スマートファイアウォール「Secure Service Gatewayシリーズ」を活用した統合型セキュリティサービス「UTM@PTOP」を同日より販売開始したと発表した。

 UTM@PTOPは、ジュニパーネットワークスのUTMとして各種セキュリティ機能をひとつの装置に統合した「SSG」と「PTOP」サービスを活用し、運用保守における日常的なメンテナンスをOKINETのセキュリティ専門スタッフが行うサービス。小規模から中規模の支店・営業所を展開している企業は、システム運用に手間をかけることなく、本来の業務に集中することができる。

 次世代スマートファイアウォール「SSG」を採用することにより、「Webフィルタ」「スパムフィルタ」「アンチウィルス」などの各種セキュリティ機能をひとつの装置に搭載することが可能となった。これにより、企業におけるセキュリティシステムを統合し、システム管理者が一元管理することができる。また、企業の利用規模などに応じて、4機種の装置が用意される。

 機器や運用保守などをまとめて月額サービスとして提供する「レンタルプラン」のほか、運用保守の部分のみ月額サービスとして提供する「買い取りプラン」も用意したほか、セキュリティシステムにおける構築・運用保守には、各種オプションサービスを充実させている。OKINETでは、今後3年間で5000台の販売を目標としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから