NTTドコモ、企業向け携帯電話遠隔操作サービスの機能を強化

松田真理(マイカ) 2007年09月20日 23時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモグループ9社は9月19日、企業で利用している携帯電話を専用のウェブサイトから遠隔操作できる「ビジネスmoperaあんしんマネージャー」の機能を順次追加していくことを発表した。

 9月29日からは、ブラウザ利用制限でアクセスを許可するURL数を、現状の30から100に拡大する。

 2008年春からは、ビジネスmoperaあんしんマネージャーのグループを分割し、サブグループの形成が可能なサブグループ設定機能を追加。サブグループごとに管理者を設定し、携帯電話の各種設定や制御ができる。利用料金は、サブグループごとに月額525円。

 また、あらかじめ指定した管理者が、複数のビジネスmoperaあんしんマネージャーのグループに対して、操作、設定できる共通管理者設定も追加する。利用料金は共通管理者1人ごとに月額525円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?