「XProc: An XML Pipeline Language」がラストコールに

荒浪一城 2007年09月21日 11時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月20日(フランス時間)、World Wide Web Consortium(W3C)のXML Processing Model Working Groupは、XProc: An XML Pipeline Language作業草案のラストコールを開始した。

 XProcは、ドキュメントの流れを制御して、まとめるために使用される。XProc言語は、XMLドキュメントを形成し、XSLT、XML Schema、XInclude、そしてCanonical XMLのように、広範囲の仕様を変換し、入力と出力の相互作用を標準化する。

 W3Cでは、10月24日までコメントを受けつている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから