HP-UXにセキュリティバイパスの脆弱性

荒浪一城 2007年09月21日 17時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月20日(デンマーク時間)、SecuniaはHewlett-Packard Development Company, L.P.のプロダクトである「HP-UX」にセキュリティバイパスの脆弱性が発見されたと公表した。影響度は5段階中下から2番目の「Less critical」に位置づけられている。

 この問題は、logins(1M)コマンドでパスワードステータスを不正確にレポートすることが原因で、結果としてシステムを潜在的に危険な状態にさらすもの。

 影響を受けるバージョンはHP-UX 11.x。解決策はベンダーパッチを適用すること。

  • HP-UX B.11.11:Install PHCO_36809 または、次のバージョン
  • HP-UX B.11.23:Install PHCO_36808 または、次のバージョン
  • HP-UX B.11.31:Install PHCO_36003 または、次のバージョン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから