エントラスト、オンライン取引での不正をリアルタイムに検出するソフト発売

吉澤亨史 2007年09月21日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エントラストジャパンは9月21日、リアルタイム不正検出ソリューション「Entrust TransactionGuard」を同日から発売したと発表した。

 Entrust TransactionGuardは、特に金融機関を中心としたオンライントランザクションサービスの提供企業に向けたもので、オンラインサービス上の不正取引をリアルタイムで検出・レポートするソフトウェア製品となっている。

 オンラインサービスにおける取引情報のリアルタイム監視、ユーザーの取引パターンに基づいた不正取引の判定、検出、レポートまで一連の不正検出に関わる機能を提供するソリューションであり、従来の不正検出ツールと異なり、通信パケットからデータを収集する方式により、既存のアプリケーションに対する変更が不要で迅速に導入・展開することができる。

 たとえば、オンラインバンキングにおいて通常と異なる地域やIPアドレスからのアクセスや、これまで取引のない口座への多額の送金、送金直前の個人情報の変更といったリスクの高い取引のパターンを検出するためのルールがあらかじめ組み込まれており、このルールとの照合によって不正を検出、フィッシング詐欺などで取得したID・パスワードで第三者が取引を行おうとした場合にも、未然に検出できる。

 またEntrust TransactionGuardは、認証強化プラットフォーム製品「Entrust IdentityGuard」との連携が可能となっており、Entrust TransactionGuardで検出されたリスクの高い取引に、よりセキュリティレベルの高い認証方式を組み合わせて提供する、「リスクベース認証ソリューション」を実現する。エントラストでは、大手金融機関をはじめとする、オンライントランザクションサービスを提供する企業の利用を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!