ddコマンドによるバックアップについて

OKWave 2007年09月26日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ddコマンドによるバックアップについて

Solarisの質問です。現在、18Gのディスクで稼動中のマシンのバックアップを行いたいのですが、ddコマンドを使用する予定です。

しかし、バックアップ先のディスク容量は36Gで、formatコマンドでそれぞれを比較すると、下記のようになっております。ddを試したところ、coreを吐いてしまいます。下記の値をそろえることはできますか?

===========================
Volume name = < >
ascii name = 
pcyl = 24622
ncyl = 24620
acyl = 2
nhead = 27
nsect = 107
===========================
Volume name = < >
ascii name = 
pcyl = 7508
ncyl = 7506
acyl = 2
nhead = 19
nsect = 248
===========================

良回答

すでに解決していますか?
formatコマンドからtypeを選んで下さい。
そこで18Gの設定を入れてlabelすればOKです。
しかし稼動中のコピーは問題あると思われますが…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから