imap.pem、ipop3d.pemで困っています。

OKWave 2007年09月25日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
imap.pem、ipop3d.pemで困っています。

FreeBSD 4.7を使用しています。
現在qpopperではSSL通信が行えております。
今度ipop3dでSSLを行おうと思っておりますが、 qpopperで使用していたcrs.pemをコピーしてipop3d.pem、imap.pem として使用できるのでしょうか?
それとも、imap-uwのMakefileよりimap.pem、ipop3d.pemを作成し直す必要があるのでしょうか?
教えてください。

良回答

F>qpopperで使用していたcrs.pemをコピーしてipop3d.pem、imap.pem として使用できるのでしょうか?

crs.pem は証明書でしょうか?サーバ鍵でしょうか?

qpopperはサーバ用証明書と秘密キーの2つが必要だと思いますが? 自己作成の証明書をimap-uwで利用する方法ですが、 私は下記で動きました。

cd /ports/mail/imap-uw
make cert

「imapd.pem」の作成と「ipop3d.pem」のリンクを作成する。 証明書情報は適当に入力する。

作成された証明書を正規証明書に書き換える。

cd /usr/local/certs/
touch imapd.pem
chmod 400 imapd.pem
cat qpopperで利用しているサーバ用証明書 > imapd.pem
cat qpopperで利用しているサーバ秘密キー >> imapd.pem

以上でimap-uw用の証明書が出来ます。
後は、inetdをお使いであれば /etc/inetd.conf にて qpopperとipop3dを入れ替えてinetdを再起動すれば反映されます。

回答

>qpopperで使用していたcrs.pemをコピーしてipop3d.pem、imap.pem
>として使用できるのでしょうか?
>それとも、imap-uwのMakefileよりimap.pem、ipop3d.pemを作成し直す必要があるのでしょうか?

同じ内容の証明書(サーバ証明書と鍵だったかな)があるのならその証明書を使用すればいいと思いますので、その場合には特に作成し直す必要はないと思いますよ。

あと、試せるなら試してみるのが一番早いと思うのですが。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!