Adobe Readerに脆弱性か:QuickTime脆弱性を発見した組織が警告

荒浪一城 2007年09月25日 11時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報セキュリティの研究を中心に活動する組織「GNUCITIZEN」が先週末、Adobe Systemsの製品「Adobe Acrobat」と「Adobe Reader」に、非常に危険な脆弱性を発見したと公表し、話題を読んでいる。

 ブログエントリによると、PDFドキュメントを開くだけで、影響を受けるという。また、この脆弱性はブラウザでPDFを閲覧した場合でも攻撃を受けるだけでなく、上記製品以外のPDFビューワも影響を受けるのではないかとしている。GNUCITIZENでは、Windows XP SP2環境のAdobe Reader 8.1で脆弱性の再現に成功しているようだ。

 回避策は信頼できないサイトのPDFを閲覧しないこと。

 GNUCITIZENは今月、Appleの製品「QuickTime」の脆弱性も発見し、話題を呼んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?