NTT東日本、済生会横浜市東部病院の顧客情報を流出

松田真理(マイカ) 2007年09月25日 22時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT東日本は9月25日、同社社員の個人用パソコンがウイルスに感染し、パソコン内のデータがファイル交換ソフト「Winny」ネットワーク上に流出した件で、恩賜財団済生会横浜市東部病院の顧客情報の流出を確認したと発表した。現時点で、流出した情報の不正使用についての申告はないという。

 流出した個人情報件数は、患者の会計情報が9951件、職員情報が1146件となっている。同社では専用デスクを設置し、対応する。問い合わせ電話番号は0120-011273。受付時間は午前9時から午後5時となっている。

 今後は、機密情報流出防止対策ソフトの導入 、全社員のファイル交換ソフトの起動禁止、会社情報の検査、削除を行うツールの配布、個人情報の取り扱いに関する全社員への周知、教育を徹底し、再発防止に努めるとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!