Apache Geronimoにセキュリティバイパスの脆弱性

荒浪一城 2007年09月26日 14時18分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月25日(デンマーク時間)、SecuniaはJava EE 5準拠のアプリケーションサーバ「Apache Geronimo 2.0.1」にセキュリティーバイパスの脆弱性が発見されたと公表した。影響度は5段階中下から2番目の「Less critical」。

 Apache Geronimo Projectでは、悪意がある人々によってセキュリティホールを利用され、セキュリティ制限を迂回させることが可能であると警告している。また、他のバージョンにも影響が及ぶ可能性を示唆している。

 現時点におけるSecuniaのアドバイザリでは、Apache Geronimo 2.xが影響を受けるとしている。

 config.xmlを変更することによってMEJBを無効にすることを推奨することが当面の回避策となる。また、修正されたバージョンが利用可能になるまで、詳細なセキュリティアドバイザリを参照するよう勧めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから