マクニカネットワークス、サーバー管理自動化製品の最新版を発売

吉澤亨史 2007年09月26日 17時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカネットワークスは9月25日、仮想化環境におけるサーバ管理を自動化するサーバ管理自動化製品の最新バージョンとして、米ブレードロジック社製の「BladeLogic Operations Manager Version 7.3」の販売を9月27日より開始すると発表した。

 本製品は、異なるプラットフォームのサーバーに対し、統一のGUIから一元的な管理作業を実現する製品。Windows、Linux、UNIXなどの主要なサーバーOSを管理対象としている。OSやミドルウェア、アプリケーション、セキュリティパッチ、コンフィグレーションファイル等の配布、保有する構成情報のサーバー間での比較・修正などといった管理作業を実施できる。

 新バージョンでは、VMware ESX Server3.0をサポートし、同サーバーにおいて仮想化されたサーバーも管理対象となった。これにより物理的なサーバーと仮想化されたサーバが同じGUI上で同等のレベルで管理可能となる。

 また、旧バージョンではWindowsのみに対応していたセキュリティパッチの定期的な自動収集がLinux、UNIXにおいても可能となり、パッチの入手から配布までを一貫して管理することが可能になった。さらに、OSプロビジョニングのプラットフォームが、新たにSolaris、IBM AIX、HP-UXにも対応した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR