トレンド、TMASE 5.0(ビルド 1023)を公開:SMTP Webレピュテーション機能実装

荒浪一城 2007年09月26日 17時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月26日、トレンドマイクロは「迷惑/詐欺メール検索エンジン Trend Micro Anti-Spam Engine(TMASE) 5.0(ビルド 1023) 」をリリースした。

 ビルド 1023での変更点は下記のとおり。

  • SMTP Webレピュテーション機能の実装(InterScan Gateway Security Appliance 1.5 のみ有効)
  • 最新の迷惑メールへの対応を迅速化するサーバ上のシグニチャ参照
  • Adobe PDF、Microsoft Excelなどのファイルを添付する形式の迷惑メール検出機能強化

 対応製品および公開予定日については、リリースノートを参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!