ネットジャパンと日商エレ、HP BladeSystemのディザスタリカバリーで協業

吉澤亨史 2007年09月26日 21時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットジャパンと日商エレクトロニクスは9月26日、HP BladeSystem環境でのディザスタリカバリーソリューション「ShadowProtect Server Edition」の販売で協業を開始したと発表した。

 今回の協業では、ネットジャパンが販売するサーバ用のディザスタリカバリーソリューションShadowProtect Server Editionによって、HP製Blade型PCサーバ、HP BladeSystem上で確実なリストアを実現し、システム管理者のコストを削減できるバックアップソリューションを提供することが目的となっている。

 ShadowProtect Server Editionは、稼動中のサーバを止めることなく、OSやアプリケーションを含めたサーバボリューム全体をDisk to Diskのイメージングで確実・高速にバックアップするソフトウェア。2種類のVSSプロバイダに対応したホットイメージング機能、コンソールによるバックアップジョブの一元管理などの機能によって、Windowsサーバを強力に保護する。

 今回の協業に基づき、日商エレクトロニクスは、HP BladeSystem向けのバックアップソリューション「NE Backup for HP BladeSystem」を提供する。NE Backup for HP BladeSystemは、高い信頼性が要求されるミッションクリティカルなHP BladeSystemのバックアップシステムの迅速、確実な構築を可能にするもの。コンサルティングサービス、インストールサービスなどのサービスにより構成された、ソリューション製品となる。

 日商エレクトロニクスでは、ネットジャパンと緊密なパートナーシップのもとで、今後、HP BladeSystemの提案の多くにNE Backup for HP BladeSystemを加え、ShadowProtectの導入を積極的に推進していくとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?