デル、ビジネス機能を強化した企業向けデスクトップPC「OptiPlex 330」を発売

仲田玲子 2007年09月26日 20時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルは9月26日、企業および教育・官公庁市場向けデスクトップ「OptiPlex(オプティプレックス)」シリーズに、最新のインテル Core 2 Duoプロセッサなどが搭載でき、優れたコストパフォーマンスとビジネス向けのベーシック機能を搭載した「OptiPlex 330」を発表した。価格は6万8355円からで、同日よりオンライン・ストアで提供を開始する。

 OptiPlex 330は、「OptiPlex 320」の後継機種にあたり、管理性や省電力、データ保護など、ビジネスに必要な機能を強化した企業向けデスクトップPC。

 インテル Core 2 Duoプロセッサとインテル G31 Expressチップセット、最大4Gバイトのデュアルチャネル DDR2メモリにより、ハイパフォーマンスを実現した。BroadcomのGigabit NIC(オンボード)で、ベーシックモデルながらギガビットイーサにも対応し、ネットワーク環境におけるクライアントPCのボトルネックを解消する。

 グラフィック機能には、インテル グラフィックス・メディア・アクセラレータ3100(オンボード)を搭載。PCIe x16スロットを使用し、ATI RADEON HD2400 Proなどグラフィックスカードの追加にも対応した。

 また、システム管理の業界標準であるWoL(Wake on LAN)およびASF2.0に対応可能。対応アプリケーションを使うことにより、リモートからの起動やアクセスが可能で、複数台から大規模導入環境でのTCOを削減できる。

 このほか、ベーシックモデルでデル初となるRAID 1対応や信頼性の高いSATAドライブの搭載よりデータ保護の強化を図り、省電力面ではデル独自の「Energy Smart(エナジースマート)」設定によるOSタイムアウト設定やCPUの電源管理、最新の省電力プログラム国際エネルギースター4.0にも対応可能とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから