重大なバグを修正した「Firebird v.2.0.3」リリース

荒浪一城 2007年09月27日 19時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月26日、リレーショナルデータベース「Firebird v.2.0.3」がリリースされた。

 Firebirdは、Windows、Linuxなどに対応するリレーショナルデータベース。並行性、高性能、ストアード・プロシージャーのための強力な言語に対応している。1981年以来、生産性を向上させるシステムとして、さまざまなプロジェクトで使用されてきた。

 今回のリリースでの変更点は下記のとおり。

  • 2つの重大なバグを修正
  • Solaris2.10(Solaris10)環境において、Intel、SPARCプラットホームの双方に対応

 詳細な情報は、同梱されているリリースノートのPDF、チェンジログのテキストを参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR