メッセージパッシングライブラリー「Open MPI version 1.2.4」リリース

荒浪一城 2007年09月27日 19時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月26日、Open MPI Teamは、高性能メッセージパッシングライブラリー「Open MPI version 1.2.4」のリリースを発表した。

 Open MPI Projectはコミュニティー、研究機関、パートナー企業によって開発、維持されているオープンソースMPI-2実装だ。

 Open MPI Projectは、

  • 完全なMPI-2規格準拠
  • スレッドセーフと並行性
  • ダイナミックなプロセスのスワッピング
  • ネットワークと耐障害性の処理
  • 異種ネットワークのサポート
  • シングルライブラリのサポート
  • ランタイムとしての役割
  • 多数のジョブスケジューラーのサポート
  • 多数のOSのサポート
  • アクティブなメーリングリスト
  • BSDライセンスに基づくオープンソースライセンス

 今回のリリースは、主に前バージョンであるv1.2.3のバグフィックス。新機能はわずかしかないものの、すべてのユーザーが1.2.4にアップグレードすることを強く推奨している。

 詳細な情報はリリースノートを参照していただきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR