リバティ・アライアンスが2007年IDDY賞を発表--日本のNTT情報流通プラットフォーム研究所も受賞

CNET Japan Staff 2007年09月27日 20時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Liberty Allianceは9月25日、アイデンティティ管理導入事例最優秀賞「2007年IDDY(Identity Deployment of the Year)賞」の受賞者を発表した。今回、NTT情報流通プラットフォーム研究所、ニュージーランド政府、eBIZ.mobility、Rearden Commerceの4つの企業や団体、組織が受賞している。

 いずれの企業や団体、組織も、オープンでプライバシーに配慮した、相互運用性に実績のあるLiberty Allianceのアイデンティティ管理仕様を採用して構築されたデジタルアイデンティティ管理アプリケーションが評価されている。

 IDDY賞では、以下の3つの審査基準に基づいて評価が行われた。

  • そのアプリケーションが個人ユーザーおよび組織にもたらすメリット
  • そのアプリケーションにより達成されるROI
  • そのソリューションにより、アイデンティティ情報窃盗の抑止、法令遵守の促進、ユーザーのためのプライバシー保護の強化などアイデンティティ管理の課題にいかにスムーズな対処が可能になるか

 NTT情報流通プラットフォーム研究所は、ユーザーが携帯電話の認証機能を利用することで、PCでのシングルサインオンを可能にする個人用アイデンティティプロバイダー(IdP)である「SASSO(Strong Authentication for Single Sign On)」を開発している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR