サイベース、Sybase ASE 15対応のSybase Replication Server 15を発表--管理機能やパフォーマンスを強化

CNET Japan Staff 2007年09月19日 22時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイベースは9月19日、エンタープライズ向けのリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)製品である「Sybase Adaptive Server Enterprise(ASE)15」に対応した最新のレプリケーションサーバ製品「Sybase Replication Server 15」の出荷を開始したことを発表した。

 Sybase Replication Serverは、データベース間のデータ移動を管理し、基幹業務データの可用性を高めるためのミドルウェア製品。企業内に分散されたデータの中から必要な部分だけを効率よくコピーし、全社的な情報共有を実現する。

 また、障害対策ソリューションとして、リカバリサイトへのデータレプリケーションも可能。ASEを基幹系システムとして利用することで、データ統合やデータベースの負荷分散、障害対策、そして情報系分析用高速クエリエンジン「Sybase IQ」を組み合わせた分析システムなどを実現している。

 最新版では、新たにSybase ASE 15に対応。管理機能の強化、パフォーマンス向上、セキュリティ/信頼性の向上、相互運用性/効率化の向上など、さまざまな機能が強化されている。

 対応プラットフォームは、Windows、Linux、HP-UX、AIX、Solaris。対応データベースは、Sybase ASE、Sybase IQ、Sybase SQL Anywhere、Oracle Database 9i/10g。価格は、1CPUあたり487万4000円より。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから